【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【アメーバ経営の要】従業員が惚れ込む経営者は、「ここ」が違う  2012年10月2日、盛和塾ロサンゼルス塾長例会講話【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 従業員が惚れ込む経営者は、「ここ」が違う 2012年10月2日、盛和塾ロサンゼルス塾長例会講話 ソース元である、ダイヤモンド・オンラインさんの記事へリンク↓ http://diamond.jp/articles/-/89470
従業員に惚れ込んでもらうには
惚れてもらうためには、どうすればいいのか。簡単なことです。己を愛していたのでは、誰も惚れてくれません。己を空しくして、自己犠牲を払い、従業員のことを最優先に考えるのです。そうしてあげるから、みんな惚れ込んでくれるのです。
>自己犠牲 大事なキーワードを拾ったよ。
毎晩、そういう話をしていました。ただ単に「乳鉢でこの粉とこの粉をすり合わせなさい」としてしまえば、何のモチベーションも湧いてきません。ですから、その粉を混ぜるという行為が、どれくらい意義あることなのかということを、諄々(じゅんじゅん)と話をしていったわけです。
>諄々 これも大事なキーワードだな。 とにかく、時間をかけて、説得している。
京セラは、京都市中京区西ノ京原町で創業しました。ですから「原町で一番」と言ったわけですが、間借りの社屋で、従業員数十人、売上も年間一億円もない零細企業のときから、「日本一、世界一の企業になっていこう」と、ことあるごとに従業員たちに話していたのです。
企業に集う人々が、共通の夢、願望をもっているかどうかで、その企業の成長力が違ってきます。すばらしいビジョンを共有し、「こうありたい」と会社に集う従業員が強く思えば、そこに強い意志力が働き、夢の実現に向かって、どんな障害をも乗り越えようという、強大なパワーが生まれてくるのです。
>売上も年間一億円もない零細企業のときから、「日本一、世界一の企業になっていこう」と、ことあるごとに従業員たちに話していた たいつんはこうつんにお願いしているのは ブレのない経営ビジョン を持ってほしいと、思っている。 それを繰り返し、落とし込んでほしいと思っている。 今、自分たちの仕事が、今後、どんな形で、表現されることになるのか 繰り返し、何度も、継続的に行う必要があるのである。 言霊 とはよく言ったものである。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2