読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【日本国民の1/3が使用しているTカード】CCCマーケティングのデータ分析、5556万人の“今”の好みを大解剖【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! CCCマーケティングのデータ分析、5556万人の“今”の好みを大解 ソース元である、IT proさんの記事へリンク↓ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/040600080/040600001/?ST=cio&P=1
たいつんは、 ビッグデータとか統計とかデータ分析とか そういう、数字に置き換わるニュースが大好きなので、今後もピックせざるを得ないのである。 んで、この記事、 たいつんは前から公言しているとおり、Tカード派でありTポイント派であり、TSUTAYA派である。 なぜかといえば、 レンタルDVD(ブルーレイ)といえば、TSUTAYAしかない からである。 必然的に、ポイントも集約される。 しかしながら、どこのだれが、一レンタル会社の会員証がここまで、ビッグデータになると予想したのか、 TSUTAYA恐るべし である。 それで、今の日本の人口が1億2692万人で、Tカードの一日利用者数が5,556万人ということは 国民の実に43.7% がなにかしら、Tカード使っているという計算である。
今や日本人の3 分の1 が所有する「Tカード」。ユーザーである「T会員」のうち、1 年に1 回以上利用するのは5556 万人。3890 万人が1 カ月に1 回以上、2359 万人が1 週間に1 回以上という高い頻度で利用している(いずれの会員数も、1 人で複数枚のTカードを持つケースを除く)。  それもそのはず。2015 年9 月末時点でTカードの導入企業は127 社、43 万1846 店舗に上る。T会員はTSUTAYAファミリーマート洋服の青山Yahoo!ショッピングなど、消費のあらゆる局面でTカードをポイントカードとして利用できる。
「顧客DNA」 モデル式 「ベイズ推定」 「DNA波形」 たいつん チンプン?ヽ(゚Д。)ノ?カンプン? 大企業の、マーケティングは、ここまで、来ているということである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2