読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【こういうことを、正面切って言える人は、少ない】谷 好通コラムより4.06.まずお客様、次に店舗、その上でスタッフ、最後に自分【関心度★★★☆☆】

関心度★★★☆☆ 経営 経営者 KeePer技研 谷 好通
どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 谷 好通コラムより 4.06.まずお客様、次に店舗、その上でスタッフ、最後に自分 ソース元である、谷 好通コラムさんの記事へリンク↓ http://blog.sensya.com/president/index.php?ID=4967 谷 好通さんが経営している会社 keeper技研は マザーズに上場して約1年で東証一部に昇格した 関連リンク:3.07.KeePer技研㈱は、3月18日、東証一部に市場変更します。 それだけ、市場はこの会社を評価しているという証拠であり、 全ては、 谷 好通さんの経営マネジメントが組織の末端まで浸透しているという証である。 そして、この谷 好通さんのコラムは いつも社員さんのことなどを取り上げているのだが、 たまに、こうやって、会社の経営、マーケにつても言及しており、それらは一貫して 消費者目線を第一に という思想の元綴られている形式なのである。 この今日のコラムも例外ではない、 んで、たいつんの、このコラムのどこに琴線がふれたかって言ったら、 社内でのマネジメントで、ありがちな、「社員思い」に対する警鐘である。
その部下思いの管理者、経営者は、 部下思いの信条はあったとしても、 その向こうをお客様が見えなくなっているので、 結果として、部下をただ可愛がっているだけで、部下を幸せにしていません。 本当に部下のことを思うのならば、 真剣に全力を持って、お客様に神経を集中すべきなのです。
もうこれである。 お客様が利益の源泉であるということ を社内マネジメントでは、かなりの確率で、忘れてしまう時がある ということが、たいつんの中で、あって、 それを、正面切って 違うよ って、谷さんが言ってくれたもだから、 もう、涙ものなのである。 お客様のことを考えるということが、どれだけ、大事であり、まず第一に考えないといけないかを示唆している。 これはね、多分、B to Bでも同じだと思うよ。 難しいけどね。 関心度★★★☆☆ 本格派車ガラスコーティング剤 ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2