読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【マネーフォワードのクラウド会計の究極系きた】マネーフォワード、資金調達の支援サービスを夏より--銀行9社と協業へ【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! マネーフォワード、資金調達の支援サービスを夏より--銀行9社と協業へ ソース元である、CNETさんの記事へリンク↓ http://japan.cnet.com/news/service/35080676/
また、マネーフォワード推しかよ、たいつん って言われそうだけど、 たいつんが考えているより、この フィンテックの流れが速すぎるので 記事にした。 なぜ、会計がクラウドにならないといけないかって 最終的に 必要な時に必要なだけ、資金調達ができる ためである。 すべては、お金がスムーズに回るため にあるのである。 これが、できるのは、クラウド各社と金融関係が密接にシステムレベルで関係がないとできないと思っていた。 そして、この形の資金調達ができるのに、あと2年はかかると思っていたが、 フィンテックの流れ、早すぎ である。 もう、今年の夏には、こうした、クラウドでの資金調達ができてしまうのである。
サービス提供にあたり、静岡銀行、山口銀行、もみじ銀行北九州銀行東邦銀行住信 SBI ネット銀行、群馬銀行滋賀銀行みずほ銀行GMO ペイメントゲートウェイクレディセゾンなどの金融機関との協業を検討しているという。  このサービスにより、MF クラウドシリーズを利用する全国約1900の会計事務所は、金融機関に自身のデータをリアルタイムに共有することで、審査書類提出の手間や審査時間を削減できるようになるため、従来よりも短い時間で、金融機関から資金調達できるようになるとしている。
これに賛同した、地方銀行はすごい、 残念ながら、たいつんの身近にはないのだが、これができれば、かなり 鬼に金棒 な、感がある。 マネーフォワードのMFクラウド会計が法人会クラウドソフトの中で突出するかもしれん。 たいつんとこも早く導入したいな。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2