読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【富士山マガジンサービスとブランジスタの差を言いたいだけ】起業→上場で巨額利益という成功モデルの終焉…株式公開直後に暴落続出【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 起業→上場で巨額利益という成功モデルの終焉…株式公開直後に暴落続出 ソース元である、Business Journalさんの記事へリンク↓ http://biz-journal.jp/2016/04/post_14559.html
たいつんは、去年の8月日経が暴落した時に、ある銘柄に目を付けて もしかしたら、第2のYahoo!になるかもしれないっていう銘柄を見つけた 富士山マガジンサービス である。 雑誌の取次屋さんなのだが、ここの社長さんである、 西野伸一郎氏はあのAmazonジャパンを立ち上げた人なのである。 また、ここのビジネスモデルが、フィービジネスで、かつ 雑誌不況の中、出版社と読者を、直接介在させるということで、伸びしろ、あるんじゃないかな と思っていたわけである。 んで、みていたら、今度は9月だったかな、 ブランジスタ っていう会社も上場したわけ、 この会社は、主に、電子雑誌を有名タレントを起用して、ビジネスにしているところで ネクシィーズの近藤太香巳の子会社であの頑固おやじそうな、幻冬舎見城徹氏も会長になっているという、表面きらびやかな面々の会社なのである。 んで、 どっちが、株価伸びるか、たいつんは、富士山マガジンサービスにベットしたはわけであるが、 これが見事に撃沈である。 ブランジスタが、上場1か月くらいで 秋元康を総合プロデューサーに迎え、AKBを用いた「神の手」っつースマホゲーを出すっていうIRだしたさ そしたら、株価一気に、6倍界王拳だわ 富士山マガジンサービス超涙目である。 富士山マガジンサービス時価総額→45億円 ブランジスタの時価総額→420億円 随分と差がついてしまった。 という経験をしたのである。たいつん→株についの先見性がないとおもって、静かに引退したのであった。 今では、株価ウォッチャーとして、外から見てるよ。 全然、心理的に安心なのである。 あっ記事に全然触れなかったが、IPOってもう上場初日に何年間分かの成長性織り込んでしまって 難しいよね、って話である。 株は美人投票である。自分がいいと思っても、他が買ってくれなきゃだめなのである。 その他が買ってくれる要素として、業績以外にもゴシックなものもあるから、頭が良くても株は勝てないのである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2