読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【やっぱり、波瀾万丈があったのである。】金なし、開発たった7人…期待ゼロだった「モンスト」、なぜ驚異的ヒット?【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 金なし、開発たった7人…期待ゼロだった「モンスト」、なぜ驚異的ヒット? ソース元である、Business Journalさんの記事へリンク↓ http://biz-journal.jp/2016/04/post_14528.html
関連リンク:大ヒット「モンスト」生みの親、借金2ケタ億円でゲーム業界から消えていた過去とドン底人生 たいつんは、先日こんな記事を書いた↓ 【パズドラを抜いてしまったモンストができた理由】「モンスト」は“執務エリアの外”で生まれた――急成長ミクシィに聞く「革新的チームのつくり方」【関心度★★★★☆】 そして、今回は、モンストの生みの親である 岡本吉起(ウィキペディアにリンク) の物語である。 <ガンホー売上→1,540億円 営利→720億円 時価総額→3,210憶円ミクシィ売上→2,050億円 営利→900億円 時価総額→3,370億円 王者パズドラを、モンストが抜くという 奇跡 を起こしたのである。 その仕掛け人が岡本さんというわけである。 ビジネスジャーナルの記事関しては、上記関連リンク先の記事とタイトルの記事の2部構成になっているので 気になる人は、関連リンク先から読むのがいいのである。 そして、この岡本さんも、この奇跡を、楽して勝ち取っているわけではないのが垣間見れるのである。 完全に 波瀾万丈 である。
そのタイミングと同じくして、奇跡的な復活を遂げたのが、ゲームプロデューサーの岡本吉起氏だ。大手メーカーの社員として、業界の黎明期から活躍していた岡本氏だが、独立して立ち上げたゲーム会社が苦戦。莫大な借金を抱え、一時は「行方不明」とまでいわれた。そんな男が、なぜ「モンスト」で復活することができたのか。岡本氏に話を聞いた。
いかに、モンストが苦難の上に生み出された、商品だったのかが垣間見られるのである。 しかし、モンストに関する記事って、こういう泥臭い話、多いね。 人生いろいろあるねっていう話しである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2