読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)って何さって話である。】差別化のカギは「優れた顧客体験」 - Adobe Summit 2016が開幕【関心度★★★★★】

関心度★★★★★ マーケティング 付加価値 消費 顧客体験 カスタマーエクスペリエンス
どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 大前研一氏がバカ高い相続税を批判 「若者へ資金移転を」 ソース元である、マイナビニュースさんの記事へリンク↓ http://news.mynavi.jp/articles/2016/03/24/adobe/
関連リンク:カスタマーエクスペリエンス 企業の8割が優れた顧客体験を提供していると思っているのに、顧客の1割もそうは感じていない 今日さ、マイナビニュース見てたら、上記リンク先の記事を見つけたんだけど、 顧客体験 っていう意味深なキーワードだったから、つい読んだのだが、 たいつん、おバカだから、 よくわからんって話で、この話題スルーしようと思ったわけ んで、朝さ、おとんが突然 顧客体験ってなに? って素朴に聞くもんだから、焦って、調べて、記事にしようと思った次第である。 おとんがその「顧客体験」の言葉を知ったきっかけがこのような記事↓ クルマ屋からサービス事業者へ 変身するフォード 車好きだから、週刊誌で得たんだと! 顧客体験っていう言葉を、 んでだ、自分なりにその顧客体験とはなんぞやっと考えてみると まず、なきゃいかん大前提が、 インターネットが社会インフラになっている→それが無線化している→スマホ・アプリが普及する→モバイルデバイスの急速な普及やIoT(Internet of Things)の台頭 ということがあるのである。 これがなければ、 顧客体験なぞ机上の空論である。 だからこの前提が時代に追いついたので、 この顧客体験がタイムリーな話題だねっていうはなしである。 んで、 顧客体験
「カスタマー・エクスペリエンス」とは、商品やサービスの購入前後のプロセスや利用時に顧客が体験する、「心地よさ」「驚き」「感動」「誇らしさ」などの、感覚的だったり感情的だったりする付加価値のこと。
をたいつんなりにひも解くと、 ただ、単に、モノ・サービスを売るという行為が、商売じゃないよ! モノ・サービスを売る前と売った後のことも考えないとだめだよ! っていう話なのである。 もっというと、今までのモノ・サービスを売るというのは「点」の視点であり、 顧客体験をもとにした今後の、モノ・サービスを売るというのは「線」の視点なのである。 では、モノ・サービスを売る前とはなにか? ビッグデータなどの活用による、消費の先回り、需要の能動的な深堀 である。例えば、Amazonのレコメンデーションのそれである。 先日、広告は受動的なものである。と述べたが、一転、広告が能動的に消費に働きかけることになるのである。消費者にいやらしくない程度に。である。 関連リンク:【その昔、セカイカメラのエアタグというのがあってな、、、】スマホの位置情報に応じて広告配信、エックスアドが4月から国内事業に本腰【関心度★★★★☆】 さて、今度は、モノ・サービスを売った「後」の話である。 インターネットが物と物を結ぶインフラが整いつつあるいま、モノ・サービスを買った「後」の体験も大事だよというわけである。 車でいえば、コネクテッドカーなんていう言葉も出回るくらい、
ネットに接続できる「コネクテッドカー」の普及により、様々な走行データが自動車メーカーに集まり集積される。そのデータ量は実に「1時間あたり25ギガバイト」にも達する。フォードは預かったデータを分析し、事故が起こりにくい自動運転技術の開発や振動が少なく車酔いが起こらない車両設計などに活用する。
という常にモノ・サービスを売った後の消費者と密接にインターネットという線で繋がっているということが 今後大事だね、ということなのである。 顧客体験、今後も重要なキーワードになってきそうなので ★5にしたよ! ※間違っていたらごめん。。。 関心度★★★★★ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!! ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2