【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【その昔、セカイカメラのエアタグというのがあってな、、、】スマホの位置情報に応じて広告配信、エックスアドが4月から国内事業に本腰【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! スマホの位置情報に応じて広告配信、エックスアドが4月から国内事業に本腰 ソース元である、CNET Japanさんの記事へリンク↓ http://japan.cnet.com/marketers/news/35080483/
たいつん、この記事見て、真っ先に思いついたのが エアタグ である。 セカイカメラってところが開発したものだが、 これこそ、時代を先取りしすぎた感、満載だったわけである。 結果、サービスは終了するに至ったが、開発会社は次なるステップに移行中のようである。 関連リンク:セカイカメラ終了のお知らせ……開発元・頓智ドット「目指した思想は諦めていない」 んで、この話題、 スマホの位置情報を利用したロケーションベースの広告であるようだ。 エアタグの場合、アプリということで、消費者の探究心をくすぐる「アプリ」として提供されていたわけだから、 「広告」の思想はあまり感じられなかった。 今回は、「広告」が前面に押し出されるわけだから、どうだろう。 どうだろう。というのは、つまり、なんらかのアプリを使って広告配信するのであれば、 そうとう、消費者にメリットがないといけないわけである。 エアタグについては、探究心、興味心というのが消費者心理を動かしたわけだが、 広告については、その場所で、お得なキャンペーンがやってるよ!みたいに強制的に消費を促すものであり、 わざわざ、そんな、通知、消費者要る?なんか敬遠されない? と、たいつんは思ってしまうわけである。 現に、LINEで入ってくる企業のキャンペーンらしき、類の通知は たいつんにとって「ブロック対象」になるわけである。 位置情報を使ってピンポイントに広告を配信することが、消費を促すことがミエミエだと、 逆に、消費者逃げていかないか、と素人のたいつんは思ってしまうのである。 広告って、あるいみ、受動的だから、こういう能動的なものってどうなの? ってことである。 いずれにせよ、今後のスマホを使った広告の動向については、引き続きたいつんの注目事項なのである。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2