【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【たいつんは依然マネーフォワード推しである】クラウド給与計算ソフト、シェア首位は「freee」 - 追随するベンダは?【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! クラウド給与計算ソフト、シェア首位は「freee」 - 追随するベンダは? ソース元である、マイナビニュースさんの記事へリンク↓ http://news.mynavi.jp/news/2016/03/30/062/
関連リンク:[データは語る]中小企業のクラウド給与計算ソフトの利用率は12.5%―MM総研 たいつんは、何が何でも マネーフォワード に頑張ってもらいたい 根拠はない、 このブログで、2件売れたのが、このMFクラウド会計だし、 個人の会計ソフトは、マネーフォワードが350万人利用しているという観点からすると、 法人の会計ソフトも、マネーフォワードでやるのがいいのに決まっているのである。 んで、この記事、 会計ソフトではなく、給与ソフトのクラウド利用率と、使用しているベンダーのデータ集なのだが、 給与分野では、freeeが圧倒的シェアなのである。 ただし、言っておくが、 MFクラウド給与って、まだサービスインして1年くらいだからね 関連リンク:マネーフォワード、クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』(β版)を無料提供開始~法改正や税制改正にも自動対応。企業の給与計算・労務をもっとスマートに~2015年03月30日 全然、まだ、勝機、ありありなのである。 クラウド給与自体の利用率がまだ12.5%なんだから 一概にfreee一抜け状態ではなく、混戦模様だと思っているよ。 そもそも、マネーフォワード自体が主に個人向け対象で始まっているのだし、 法人についてはまだ実力をためている状態なのである。 マネーフォワードに一つ提言するなら、 法人のサービスも「マネーフォワード」の名前でブランディングすればいいのに である。 MFクラウド会計、MFクラウド給与で法人向けサービスに戦いを挑むと どうしても先駆けてやってるfreeeに目が行くんだよね。 もっとマネーフォワードのネームバリュー使えばいいのにである。 関連リンク:「MFクラウド給与」と「MFクラウド会計」が機能連携、給与データを自動で仕訳 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!! ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2