読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【スマホの広告って画面小さいから、やることえげつないよね。。。】2022年にネットが首位に?ネット広告がテレビ広告を抜く日【関心度★★★☆☆】

関心度★★★☆☆ アフィリエイト スマホ 広告 テレビ ネット 動画 広告費
どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 2022年にネットが首位に? ネット広告がテレビ広告を抜く日 ソース元である、ZUU onlineさんの記事へリンク↓ https://zuuonline.com/archives/101303
まず主要媒体別に見てみると、テレビメディア(地上波テレビ+衛星メディア関連)1兆9323億円(前年比98.8%)、新聞 5,679億円(同93.8%)、雑誌 2443億円(同97.7%)、ラジオ 1254億円(同98.6%)−−と伝統的な4媒体が減少しているのに対し、インターネットは9194億円(同111.5%)と一人勝ちの状態で、従来の4媒体の減少をネット広告の成長が補ったかたちだ。 テレビ広告費は1兆9323億円で総広告費に占める割合は31.3%と依然として最大だが、その他の新聞・雑誌・ラジオ広告のシェアは減少の一途をたどっている。
総広告費→約6兆円 テレビ→約2兆円(占有率31.3%) ネット→約1兆円(占有率14.8%) である。
ここで言うコンテンツとは、番組や動画はもちろん、企業の商品やサービスを視聴者に向けてより興味と価値がある形で提供することを指す。 テレビ画面でもスマホの画面でも、それらのディスプレー上で視聴者にとって最も価値があるのはコンテンツであり、彼らが期待する以上の形でコンテンツとして提供することがテレビ広告、ネット広告ともに発展するために欠かせない。
ということで、テレビもネットも今後重要なのは「コンテンツ」なのである。 たいつん、ブログやるようになって、アフィリエイトで少しでもお小遣い稼げたらいいなぁという思いで(そのあらわれが、A8ネットのファンブログを使っているところに垣間見れるのである。) やってるんだけどね、今Google AdSenseとかでクリックしてもらえるの、 ほとんど、スマートフォンからのみと断言してもいいくらい なのである。 スマホでお手軽にたいつんのブログを満喫しているのが、現状なのである。(規模めっさ小さいけどね) んで、さ、ファンブログは、スマホ用にブログカスタマイズされるように初めからなっているんだけど、 スマホって、なんだかんだいって、小さいじゃん どこに配置するも何も、上部か中部か下部しかないわけ、広告貼れるのって たいつん、スマホが主流になって、広告どう変わるかって、 いろいろなサイトみてるけど、みんな、あの手この手(その最たるものが、オーバーレイ広告である)で自動でCM動画が流れるサイトもあれば、広告見ないと次に進めないとかあるんだけど、 どれも、ユーザーの事、ガン無視 なのである。もう、ユーザーからすれば、広告するのが見え見えで若干引くくらいである。 だから、ネットの広告の行方に若干ながら、悲観的なのである。 ユーザーは自分に必要な情報だけを欲しいんだから、そこに余計な水差しても逆効果なのである。 そこを、どうイノベーションで変えていくのか、サイバーエージェントとかどういう考えで未来のネット広告を考えているのか たいつん、見物である。無理やり動画見せられるのごめんだしね。。。 関連リンク:日本の広告費、4年連続プラスに ネット広告は2けた成長、スマホと動画が拡大 2015年の日本の総広告費は6兆1710億円で4年連続のプラス成長となった。インターネット広告が2けた成長を記録し、特にスマートフォン、動画市場の伸長が目立つ。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2