読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【ちょっと、見解がいろいろある領域に踏み込む】あの人がうつ病から抜け出せない最大の理由「復帰に対する焦り」とどう付き合うか【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! あの人がうつ病から抜け出せない最大の理由 「復帰に対する焦り」とどう付き合うか ソース元である、東洋経済ONLINEさんの記事へリンク↓ http://toyokeizai.net/articles/-/110169
うつ病については、多分、この先もちょいちょい、取り上げていく予定なので ここで、たいつんが、これから、「うつ病」って言った時の、定義を述べておく うつ病=1.脳内の幸せホルモンである「セロトニン」の分泌量が、健康な人より、少ない状態のこと2.ストレスホルモンにより、脳の神経細胞がダメージを受けてしまった状態のこと を、言う。これからも、ずっと、もし、うつ病をとりあげる時はこの二つの定義で行く。別にどっちが本当の定義とかどうでもいいのである。 定義する意味は、うつ病というのが、まず「病気」なのだということを知らなくては、こういった議論が始まらないからである。 で、うつ病を治す方法は、専門医とのカウンセリングによる対処療法と薬と休養である。 これで、治る。 ここで、一番問題なのは、それをやったところで、即効性がない、風邪なら風邪薬で治るとかそういうレベルではなく その人個人の思想、経験が治療要素としてかかわってくるため完治までに数年単位で時間がかかることが問題なのである。 それが、性格による健常なものなのか、病気によるものなのかの見極めが非常に今の医学では「あいまい」なのである。 そして、これが、うつ病患者との付き合い方を難しくしているのである。 で、たいつんのうつ病患者との付き合い方の独自の見解→待つ 以上である。 医師とのカウンセリングでの「気づき」抗うつ剤「作用」と、自分の「思想」「経験」がうまく連動するときを 周囲の人は 待つ しかないのである。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2