【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【今年の初めは、ユニクロでしか買ってないけど、潮目変わったの?】ユニクロが高額品だらけ?ジャケット約1万3千円、毎年ほぼ同じ商品でも段々値上がり【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! ユニクロが高額品だらけ?ジャケット約1万3千円、毎年ほぼ同じ商品でも段々値上がり ソース元である、Business Journalさんの記事へリンク↓ http://biz-journal.jp/2016/03/post_14416.html
関連リンク:ユニクロは“ブラック企業”ではない 柳井会長「ホワイトに近いグレー企業」 最近というか、ネットの中をみてみると、 ユニクロが高くなった→売れない→第2のマクドナルド」 との呼び声が高い。 たいつん、去年の年末から年始にかけて、実は、「ユニクロ」でしか服買ってないし、ダイエット前の一時しのぎとして買ったジーンズも「ユニクロ」である。 その時、思ったのは、レジに待つお客さんの行列を見て「ユニクロ未だに売れ続けてるの?すげー」と感心したものである。 だが、ここ最近こういった記事がたびたび拝見される。(ちなみに、関連リンク先のSankei Bizさんの記事は弘兼憲史さんと柳井正さんの対談となっているので、興味深いので、読んでみるといいかもしれん。) 国内ユニクロ売上情報 をみてみると、今年の1月2月は良かったものの、去年の11月12月が悪かったようで、合計すると、若干のマイナスということで、 このデータから、ユニクロは終わった」とは断定できないのである。では、この記事が提唱しているように、 「値上げ分の付加価値がついているか」 という提起に対し、たいつんは「もしかしたら、ユニクロ、ブランドっていう見えない価値があがった、と思い込んでる」んではと答えてみるよ。 値上げで、ハードルあげる→購買層を変える→ブランド価値を高める とかそういう方向に若干シフトしつつあるんではないかと、推測してみるのである。 安さではなく、デザインや機能重視のブランディング。。。 それは、ヒートテックやウルトラダウンジャケットやフリースなどに見られる、機能 有名どころとコラボレーションした、デザイン これで、今後は勝負していくというあらわれの値上げなのではないだろうかって さっき5分で考えたことを、さっと書く、たいつんであった。 なんにせよ、インナーに関しては、ユニクロ抜きでは語れないので、ユニクロ終わった論には若干反対である。 でもさ、GAP(オールドネイビー含む)もZARAも、ユニクロ並みに安くなってるから、その辺はわからない。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2