【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【たいつんの仕事上、死活問題である】自動運転によるカーシェアが広がる? 2030年には4億人が利用との予測【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 自動運転によるカーシェアが広がる? 2030年には4億人が利用との予測 ソース元である、engadget日本版さんの記事へリンク↓ http://japanese.engadget.com/2016/03/28/2030-4/
しかし、現在はこの2つのサービスが組み合わされた、さらに新しいサービスに発展しつつある。それは自動運転によるクルマが指定した場所まで迎えに来て、目的地まで運んでくれるというものだ。ABIリサーチは、2030年までにこの自動運転型カーシェアリングの利用者が4億人ほどになると見込んでいる。 必要な時にクルマを呼ぶことがどんどん簡単になるため、クルマの所有者数は減少していくことになるだろう。クルマがより効率的に使える上、保険やメインテナンス費用を節約することができるからだ。
2030年までに自動車運転免許制度、自動運転に追いつけるか って話で、たいつんにとって、かなり死活問題なのである。 あとだって、15年切ってるんだよ。 今、免許制度が変わらないと、自動運転技術が「先」に動いてしまう。 関連リンク:◆改正道路交通法が公布されました──準中型免許新設など(2015.6.17) 準中型とか言ってる場合ではないのである。 これは、大問題である。
ABIリサーチのマネージング・ディレクター兼副社長のドミニク・ボンテ氏は、「新たな形のカーシェアリング産業が完全に機能する状態になれば、自動運転型サービスは自動車業界に大きな変化を及ぼす。自動車オーナーの数は減少し、移動手段における公私の区別はなくなって人々の移動はより活発になるだろう。そして自動車業界には、新たなインフォテインメント・システムの発展と、業界全体の統合が起こるだろう」と述べている。
2030年には車を「持つ喜び」で「所有」するのではなく、「利便性」で使う「サービス」となる。 この方向は間違いなく、免許制度にとてつもないインパクを与えるはずである。 今、B to Bにビジネスをシフトしないで、いつするの? 今でしょ である。 もう、お客さんは、15年後、自動車運転しないんだから、別の生きる道を模索するべきである。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2