読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【さすがに5%ととなると、見過ごすわけにはいかないレベルである】ついにポイント還元率が5%台突入!賢者に聞くシチュエーション別の最強ポイントはコレ(2016.03.19)【関心度★★★☆☆】

関心度★★★☆☆ クレジットカード マーケティング Google ポイント カード Google Adsense 偶発的
どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! ついにポイント還元率が5%台突入!賢者に聞くシチュエーション別の最強ポイントはコレ(2016.03.19) ソース元である、日経ビジネスONLINEさんの記事へリンク↓ http://dime.jp/genre/240338/1/
NTTドコモのクレジットカードであるDCMXをローソンで使うと、カード支払いの請求時に利用金額が3%オフに。DCMXは、月間利用金額1000円ごとに10ドコモポイントがもらえる(還元率1%)。さらに、ローソンでの支払い時にPontaカードを提示すると1%分のPontaポイントがもらえるので、還元率は合計5%に。
先日、ポイント競争がもうわけわからんという記事を書いた↓ 【ポイント業界が電力自由化でワケワカメ状態だとたいつんの中で話題に】電力自由化でポイント業界が“大戦国時代”に【関心度★★★☆☆】 そのポイントに輪をかけて、消費者を取り込むために、わざとしかおもえないくらい難しくしているのが クレジットカード の存在である。 昔は(と言っても2,3年前だよ)、クレジットカードで還元率がいいと言えば 漢方スタイルクラブカード と相場が決まっていたのだが、今は、これに、ほかのポイントが関わってくるので はっきり、このカードを持てば得をするという論調ではなくなっている。 人々の利便性をよくするためのクレジットカードが、 ポイントを絡めとる、マーケティングツールに変貌しているのである。 これではね、たいつんの感覚だと、 クレジットカード=消費欲を増大させるツール=支出が増大する=貯金ができなくなるツール との認識をさらに深めざるを得ないわけである。 5%の還元率は見過ごせないが、 還元したポイントはどう、キャッシュ化できるのかがポイントであって、 ポイントためるのが目的となるとこれこそ、「偶発的な消費」ではないかと、たいつん思うのだよ。 なぜ「偶発的な消費」なんていう言葉が出たかというと この度、Google大先生のお叱りの呪縛から解放され、気持ち新たに Google AdSenserになったわけさ、たいつん んでね、もう停止喰らっちゃうと、永久停止にもなりかねんと思って、Google AdSenseのポリシー読みまくったさ。 結果、わかったことは、ユーザー第一のサイト考えろってことなのね。 んで、Google大先生が超嫌がることって、 ユーザーが思っても見ないのに広告クリックしちゃうことをなわけ いわゆる「偶発的クリックの回避」ってやつだ、 あくまでもユーザーの興味に赴くままクリックに誘わなければならんっていうわけ。 話をクレジットカードとポイントに戻すけどさ、これ、まさに「偶発的消費」だよね。 消費者は本当に必要なものを買うために消費するのが自然の流れなのに、 「ポイントを貯める」という目的の為に買わざるをえない、まさに「偶発的」じゃんっというわけである。 あれっ?ちょっとちがうかな。。。 まっあれだ、今日は「偶発的~」っていう言葉だけ持って帰ってくだされということである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2