読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【驚きがいないから残念なのである。】「iPhone SE」に驚きがないのは当然である 【関心度★★★☆☆】

関心度★★★☆☆ スマホ iPhone iPhone4 iPhone5 iPhone SE Appple
どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! この2日間、風邪をひいてました。 継続は力なりっなんてたいそうなこと言ってこれだから、 人生はうまくいかない。 さて、今回取り上げる気になる情報はこれだ! 本田雅一のクロスオーバーデジタル: 「iPhone SE」に驚きがないのは当然である (1/2) Appleは「iPhone SE」と「9.7型iPad Pro」を発表したが、いずれも驚きのない製品と言える。しかし、それは今回始まったことではなく、以前から続いている同社の戦略が明確化したということだろう。 ソース元である、IT medi PC USER_さんの記事へのリンク↓ http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1603/22/news125.html iPhone SE について、発表からこの2日間で、多分 30本くらい、似たような記事をみたので、読者の皆さんも ご承知の通りだと思うが、あえてピックした。 たいつんは、先日のブログで iPhone4 こそ至高のプロダクトだと言った。 今でも変わらない。 それは、スティーブジョブズがもし、生きていたら、スマホの拡大路線には走っていたなかっただろうし、 デザインも、カメラが出目金になるようなデザインも選択しなかった はずだ iPhon5はiPhone4のそれより0.5インチ大きい4インチ しかも 筐体自体のサイズも、 縦115.2mmから縦 123.8 mmに縦長になってしまい(軽くなったけどね) 美観を明らかに損ねてしまっているのである。 話がややこしくなるので、iPhone5以降スティーブジョブズが関わったか否かは ご自身で調べてください。(スティーブジョブズ iPhone5) 関連リンク:iPhone 5, not 4S, was Steve Jobs' final project である。 ちなみにだね、スティーブジョブズiPhone5出したとしたら、「筐体のサイズはそのまま」で「4インチ」にしたはずである。 iPhone5以降はスティーブジョブズがさんざん言ってた「スマホをでっかくするな!!(筐体と画面サイズ両方を)」に反する商品だったのである。 しかし、商品自体は、筐体、画面サイズとも、でっかくすることによって、売れたわけだから、 勝ち負けで、言えば「勝ち」なのである。 で、以前から小型の4インチが出るって言われてて、 なんの、驚きもないまま、iPhone5を継承する形ででた、SEだが、たいつんから言わせてもらえば、 なぜ、 iPhone4ベースで出さなかった か、である。賛否両論あるにせよ、あの筐体サイズと3.5インチにこだわった(かは、定かではない)、スティーブジョブズの意思を、今見せずして、いつ見せるの? 今でしょ、 だったのである。 せめて、iPhone4の筐体で、画面4インチを出すべきだった。 あぁ、これで、iPhone4ベースのスペシャルエディションが出る可能性はなくなった。 もう、アップルにイノベーションは起こらない。 あっ、なんか、アップル悲観論になっちゃったし こんなもである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2