読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【断り方って、コミュニケーションの中でも難易度高いよね】デキる人ほど、さわやかに「NO」を発している 周囲を味方につけるための「断り方の常識」【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! デキる人ほど、さわやかに「NO」を発している 周囲を味方につけるための「断り方の常識」 ソース元である、東洋経済ONLINEさんの記事へのリンク↓ http://toyokeizai.net/articles/-/110272 断り方、、、 これほど、コミュニケーションの中でも、難しい部類入るものはない なぜかって、 YESとみせけて、NOと発信しなけばならないからだ しかも、 建前ではなく、本音で
相手との関係を気まずくさせないためには、まずはじめに感謝の気持ちを述べること。そのうえで、しっかり目を見て、はっきり断ることが大切です。
ふむふむ、断り方の王道だね
また意外かもしれませんが、「断る理由」は、必ず添えなければならないものではありません。なぜなら、理由というのはあくまで自分自身の後ろめたさを和らげるためのもので、相手の気持ちを思いやるものではないからです。単に「今回は行けません」「不参加でお願いします」とはっきりと伝えるのもアリだと心得ましょう。
理由言っちゃう人多いよね。。。
どうしても断ることが難しい状況においては、条件を提示してみましょう。「私は、今○○の状態なので、誰かサポートしてくれる人がいるなら、引き受けてもいいです」「家庭の事情で、夜外出するのは難しいので、夜の会合に欠席しても差し支えないなら引き受けます。その時だけは○○さんが出席して下さいますか?」という具合です。 この「歩み寄る」という作業は、交渉や議論においても、もっとも大切な役割を果たしているものです。
とどのつまりは、落としどころをみつける ということなのである。 これは、全コミュニケーションにおける最大のポイントである。 コミュニケーション=その時々の落としどころを探ること なのである。 書いているうちに、思いついたので、記録しておく。 いい感じで断るって、難しいよね。。。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2