【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【サンクスの労働協約がこれまた物議を醸しだしている】「賃金は1分単位で支払う」というサンクスの労働協約に対する違和感 - 榊 裕葵(社会保険労務士)【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 「賃金は1分単位で支払う」というサンクスの労働協約に対する違和感 - 榊 裕葵(社会保険労務士 ソース元である、BLOGOSさんの記事へリンク↓ http://blogos.com/article/167197/ 参考:社労士が「1分単位の賃金ならトイレ時間も減給が筋」 本音コラムが炎上、「訂正」しても言いたかったこと 労働する側と経営する側との溝は永久に埋まることはない その溝は、 話し合いによってしか埋まることはない 行き着くところは、上記2点なのである。 たいつんもその昔、物流倉庫で働いていたころは、もちろんタイムカード制で、15分刻みだった記憶がある。 たいつんは、もともと、どっちかっていうと、労働組合とも関係ないし、経営側ともあんまり関係ないしな微妙な立ち位置におかれていたので その時の、たいつんの打刻のルールは 1、会社の売上に貢献している間は、勤務時間である。 2、会社の売上に損失を与えている可能性がある場合(クレーム対処など)で残業した場合は頃合いを見て、タイムカードを切った後、残業する ということを決めてやっていた。(そもそも、頃合いなんていうあいまいな言葉でルールとかぬかすなっていう話もあるがw) で、この話題である。 賃金支払いは1分単位 とする、サンクスの労働協約は、たいつんからみて、明らかに、労働者側に不利益である。そして、経営視点で見てもいいところがまるでない。 である。 1分ごとに勤怠管理して、コスト削減?! はっきりいうが、もっと他にすることあるでしょ である。 単に仕事の質が悪くなり、勤務態度も悪くなり、士気も下がりで、なんもいいことあらへん である。 もっと、会社で整備するべき点はいくらでもあるのである。 現にサンクスの経営状態はどうかみると、 参考:不振のサンクス、なぜ他コンビニへ相次ぎくら替え?各地で訴訟、業界再編の目玉か 参考:コンビニ四天王の売上高などをグラフ化してみる(2015年)(最新) 横ばいか、よくないから、買収された のである。 賃金支払いは1分単位とか言うところに、経営のセンスがないのである。 会社側はもっと売上を上げるために、従業員の士気を高める、忠誠心を高める施策を講じるべきなのである。 (なんて、言っちゃうとまた、反響があるか、ワクワクである。) 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2