【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【フィンテック先進国はエストニアだった!!日本のマイナンバーも。。。】エストニアの国民IDカード制度がFinTechと融合してとんでもないことになっていた【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! エストニアの国民IDカード制度がFinTechと融合してとんでもないことになっていた ソース元である、IT proさんの記事へリンク↓ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/031400507/?ST=fintech&P=1 (※一部無料会員登録が必要になります。)
本人情報や年収などの情報は、エストニア政府が運営する公的データベースでユーザーの申告と照合され、瞬時に審査が完了する。VisaやMasterCardなどの決済ネットワークを経由せずに、銀行が直接、後払い決済サービスを提供し、金利や手数料を得られるわけだ。
エストニアではもうすでに クレジットの即時(データを入力して審査までが一瞬)発行を可能にしているようだ。 Visaなどのネットワークも経由せずに、、、 完全なるフィンテックである。 これをフィンテックといわずして何と呼ぶ、っていうくらい、フィンテックの究極形態である。 すごい、エストニア である。 参考:エストニアで非住居者向けの「e-resident」が遂に開始!非在住者でもIDカードが作れるよ! e-residentカードっていうのがカギである。 本人確認、電子署名、ログイン認証、それらをsimカードに組み込んだとか、 投票、葬式、会社の登記までこれでできるとか なんのフィンテックですか??って話である。 しかも、これ、非居住者でも発行してもらえるらしい。 日本のマイナンバーとどえらい差がついている。 日本の個人番号カードは、発行当初からシステムの不具合でつまずいている段階だ マイナンバー、レベル低っ!!、て話である。 日本はもっとエストニアの事例を研究する必要がある。 マイナンバーの目指すべき道がポイントの合算しか利便性ないのでは話にならん。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2