【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【パズドラを抜いてしまったモンストができた理由】「モンスト」は“執務エリアの外”で生まれた――急成長ミクシィに聞く「革新的チームのつくり方」【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 「モンスト」は“執務エリアの外”で生まれた――急成長ミクシィに聞く「革新的チームのつくり方」 モンストが絶好調で急成長中のミクシィ。そんな同社の躍進劇を支えたのが新しいワークスタイルだ。たった数人から始まったチームが全社を支える一大プロジェクトに育った背景をミクシィ「はたらく環境課」に聞く。 ソース元である、IT media ニュースさんの記事へリンク↓ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1603/09/news002.html たいつんは、基本、ゲームしない、(毎回いうW) だが、告白する。 「モンストには過去2回10連プレミアムガチャだか何だか知らないが9,800円×2回、課金した(爆)」 経緯があるのである。 その当時は、ミクシィ株に注視していたこともあり、 もしかしたら、本当にパズドラを抜くんじゃないか→とりあえずやってみよう→結果、課金することになる というなんもお粗末な経緯なのだが、 たいつんも、ミクシィの売上に貢献していたのであるw パズドラと違って、感覚的に、おはじき感覚でできるゲーム性は、飽きないし、 それに輪をかけて強いモンスターをコレクションしたいという欲求をうまいこと組み入れてる。 それに、システムも単純そうで、複雑なところもマニア心をくすぐるというか、 よくゲームのことを知った人が開発したんだなぁ、と思ったものだ。 んで、この記事である。
そこで同チームに与えられたのは、社内外の誰もが立ち入れる公共スペース内の会議室の一角。フリーランスのデザイナーやエンジニアなど、社内外を問わずさまざまなメンバーを巻き込みながらモンストのプロジェクトは進んでいった。
ミクシィがパートナー企業のメンバーも執務室で働けるよう準備したことは大きく2つ。1つは入退室の手続きを簡素化すること。もう1つはパートナー企業のメンバーにも社員と同じ法人向けPCを支給し、全社的な管理がおよぶIT環境で働けるようにすることだ。
全体最適の視点が必要なのは明らかですが、それに固執して部分最適を悪としてしまうと、場合によっては事業の成長を阻害してしまうこともあります。社員がいい仕事をするために、チームごとに最適化されたルールを設けるのは悪ではありません」――橋本さんはこう話す。
そして橋本さんがもう1つ大切にしているモットーは、「社員が失敗を恐れず全力でチャレンジできるようにすること」だ。
社員が仕事に専念できるように配布するPCにも性能、価格をけちらないんだと、 この記事見ると 仕事のためにPCけちるな というのが言いたいことのように思えてくるんだが、みなさんどうでしょう。。。 いずれにせよ、ミクシィは大逆転を引き起こした。その現状、仕組み、様子を知るのは、いいことだと思って記事にした。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2