【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【この制度は人が作って、奇跡的に均衡がとれている】「会社と価値観が合わない人」は部署異動か退職勧奨 サイバーエージェントのミスマッチ制度【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 「会社と価値観が合わない人」は部署異動か退職勧奨 サイバーエージェントのミスマッチ制度 ソース元である、ログミーさんの記事へリンク↓ http://logmi.jp/126924
IMAGICA DIGITALSCAPE
>目標・役割・評価 が重要キーワードなのようで、 PDCAサイクルツールの一つにGEPPO導入 しているようで、 >人事データというビッグデータに対する科学的アプローチ手法として、「人材科学センター」を導入 しているようで、 >人事からは基本的に月1回フィードバック、評価をするサイクルを回すよう強く推奨しています。あと「ミスマッチ制度」といういわゆるマイナス査定を導入しています。 「ミスマッチ制度」 >パフォーマンスが低い社員もたくさん出てくるのですが、ミスマッチ認定をする価値基準は1つで、「会社と価値観が合わない人」。周りに迷惑がかけているというポイントだけで、15人から20人を選定します。
高橋 3年くらい前にミスマッチ制度を導入したときの藤田社長のブログの抜粋を読みます。 「下位5パーセントをD評価とする。これはすべてのマネジメント、上司が執り行うので、20名以上いる方は1名まず出しましょう。D評価1回でイエローカード、2回目でレッドカードとなり、2回目で部署異動または退職勧奨のいずれかを選択してもらう」。
抽出された人と、面談し、部署異動か退職推奨をするんだと。 これ、結構厳しくね?! である。 ベンチャー精神を維持しているからできる技であり、長年の皺がしみついた、中小零細企業でこれやったら、偉いことになりそうな気もしないでもない、 ただ、さ、こういうのって、トカゲのしっぽきりで、 パレートの法則(ウィキペディアにリンク) きってもきっても湧いていくる、ようなきもしないでもない。 ベンチャーってもっと、みんな和気あいあいで、コミュニケーションもスタンプ押し合ったり、楽しそうなイメージあるけど、 この記事読む限り、そうでもないようだ。 その一方で、社員のモチベーションの高い企業TOP10(2016.03.16) で、1位になってるし 参考:社員のモチベーションの高い企業TOP10(2016.03.16) >同社は「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げ、事業・組織の両面で話題性のある施策を展開。その結果、今回、社員モチベーションの高い企業日本一に輝いた。 絶妙なさじ加減で、人事制度が機能しているということである。 奇跡のなせる業か、いや、人がなしたことである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2