【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【会社は最終的にどの程度社会貢献するのか!?】最新!社会貢献支出の多い100社ランキング1位トヨタ216億円、支出比率はファンケル【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 最新!社会貢献支出の多い100社ランキング1位トヨタ216億円、支出比率はファンケル ソース元である、東洋経済ONLINEさんの記事へリンク↓ http://toyokeizai.net/articles/-/109156
WEBサイトだって、温暖化防止に協力したい。
企業の社会的責任(ウィキペディアにリンク) CSR CSR/しーえすあーる corporate social responsibility(コトバンクにリンク) >企業は大規模になるほど、株主の私的所有物から社会の所有物、すなわち社会的存在という性格を強める。 中小零細企業になるほど、建前でCSRを言い出して、さも、社会的意義がある存在だと主張する が、 問題はそもそも、中小零細企業は「利益の源泉」を捉えていますか?トヨタのように強い財務があってのことですか? ということなのである。 ランキングで、CSRの支出の額と規模を見てみるがいい 1位トヨタ→216億円(2,014年の純利は2兆4,000億円からみると、支出比率は0.9%) 2位JT→89億円(2014年の経常は6,700億円からみると、支出比率は1.3%) この程度のインパク なのである。 会社は最終的には社会貢献に向かう。 これは教科書にも載っていることである。 問題は、その社会貢献のするに「値する」だけの「利益の源泉」を確保しているのかどうか である。 「利益の源泉」を確保していない、中小零細企業は社会貢献なんてやってる場合ではない。 とたいつんは思うのだけど、ちょっと極端かしら。。。 詳しいデータは、上記リンク先にくわーしく掲載されているので、興味のある方は覗いてみるといいのである。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2