【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【人生のリスクをカバーするのは保険だけではない】元ニッセイ職員は、なぜ「保険を捨てた」のか「家族を守る=生命保険」はあまりに盲目的だ【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 元ニッセイ職員は、なぜ「保険を捨てた」のか「家族を守る=生命保険」はあまりに盲目的だ ソース元である、東洋経済ONLINEさんの記事へリンク↓ http://toyokeizai.net/articles/-/107814
生命保険の加入率は、20代では50%少々ですが、30代になると80%を超え、それ以降はどの年代においても男女ともに80%以上を超えています。
たいつん、まだ入ってないです、会社のは入ってるけど、個人的には入ってない
保険加入と不動産投資は異質なものと考える人がいるかもしれません。 しかし、リスク対策という視点で見ると両者は似ています。 たとえば遺族への死亡保障という点では、生保は保険金で備えますが、不動産には団体信用生命保険がありますので、売却すれば死亡一時金として、人に貸せば家賃収入が遺族年金になります。方法は違いますが、遺された遺族へお金を準備するという役目は同じなのです。
死亡保険は死亡リスクの対策が目的となりますので、病気やケガ、老後、子ども関連の支出については別途対策・準備をしなければなりません。これらのリスクに備えるためには、医療保険個人年金保険、学資保険などに入る必要があります。その結果、保険料負担が増え、家計を圧迫することになりかねません。 一方の不動産は、守備範囲が広いのが特徴です。まとまった資金が必要となった時には売却ができますし、それ以外にも、賃貸経営を続けて家賃収入を得つづけることもできます。
そういう考え方は結構目から鱗かもしれないなぁ
仮に上述した各種リスクに対する備えをすべて保険にした場合、合計で月5万円といった高額の保険料を払う方もいるのではないでしょうか。一方で、まとまった金額の一時金や定期収入が必要になるリスク対策を不動産投資でした場合、かかる費用は月1万円以下に抑えることもできます。 ちなみに、毎月の手出し費用=保証家賃-ローン返済・管理費・修繕積立費、です。
保険としての不動産投資という意味でいえば 結構、いい記事だったのかもしれない。 ただ、たいつんにとっては、ちょっと先の話なのである。 あなたにとっては有益な情報だったかもしれないので 上記リンク先に詳細記事が掲載されているので覗いてい見るといいかもしれない。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2