【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【松本さんみたいなハイパーな人材→中小零細企業にいないのである②】最新のビッグデータ分析の世界、予測的アナリティクスから次の分析ステージへ【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 最新のビッグデータ分析の世界、予測的アナリティクスから次の分析ステージへ ソース元である、ログミーさんの記事へリンク↓ http://logmi.jp/126046
ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン
一応さっきの続きの話である。
社内にはマーケティングの深い知識、おもしろいアイデアを持っている人がいっぱいいるので。それはリクルートに入る前から思っていたんですけど、入ってみてもやっぱりそうでした。 前職ではほかの企業に対してもコンサルティングとか分析させてもらっていましたが、地頭が良い人材は割合で言うとリクルートが圧倒的に多い気がしますね。
リクルートには地頭が良い人材がいて、中小零細企業にはいないのである。
人工知能っていうと安っぽいんですけど、AIです。IBMが「ワトソン」を出してるじゃないですか。あれにすごく興味があります。というのも、最近はビッグデータとか言われて、データが急激に増えています。 どんなデータが増えてるかっていうと、構造化データと非構造化データに分けることができて、構造化データも増えてはいるものの、爆発的に増えてるのは非構造データなんですね。非構造データとは何かっていうと、テキストとか画像とか音声とかビデオとか、そのあたりを非構造データと呼ぶんですが、そこがどんどん増えています。
もう人工知能の域である。
松本 あとは数理計画ですね。大規模数理計画は10年くらい前から解きたかったんです。2002年ぐらいから解きたいと思っていて、これが解くのが難しい。
大規模数理計画。。。ここまでくるともう なんなんだその、人類補完計画的な壮大さは?? である。つまりは、
それぞれよしなに、ハッピーになるような組み合わせを考えるのが、数理計画です。
数理計画の言わんとしていることはわかる ただ、その解法が「ド」素人にはわけわかめちゃん、なのである。 すごいわ、リクルート、これやられちゃうと 中小零細企業太刀打ちできませんって話である。 だって、こんなん、中小零細企業でやったら、感覚的に判断せざるをえないからである。 関心度★★★★☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2