【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【若手を経営サイドに取り込めない経営者は屑である。】役員×若手の「事業をつくる」システムが組織を強くする 【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 役員×若手の「事業をつくる」システムが組織を強くする ソース元である、msnさんの記事へリンク↓ http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E5%BD%B9%E5%93%A1%C3%97%E8%8B%A5%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%80%8C%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%8C%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%92%E5%BC%B7%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B/ar-AAgB5ww?srcref=rss#page=2
スピー独自の“仕掛け”と“思考”が生み出す組織文化である。「私たちは毎年、役員に新規事業の創出を義務づけています。それがきっかけとなり、メンバーの“事業創造トレーニング”につながり、良い循環が起きています」
なぜか。大塚曰く、役員は新規事業が義務付けられることにより、その“種”を探す。だからこそ、メンバーはたとえ若手であろうと種につながるアイデアを提案しやすくなる。アイデアが抜擢された若手が実践を通して種を芽にできない場合でも、役員はメンター指導をはじめ、全力で支援する。そこで若手は新規事業のつくり方を実践を通して学んでいく。 「事業と組織は表裏一体であり、共にこだわらねばなりません」との言葉を象徴するのが、過去の主だった経営の意思決定120個を「Speee History」としてまとめて、メンバーに共有している点だ。これまでの意思決定の数々を通して、組織文化を浸透させており、四半期ごとに更新している。なぜ、この戦略をとったのか。「新規事業を手掛ける若手は、生みの苦しみを味わいながら、『Speee History』を見ることで、ゼロイチを突破してきた既存事業への見方が変わります」
そこには、社内トラブルも記されている。「私は情報の“点”が嫌いで、“線”が好きなんです。会社は“線”でできているし、その“線”の中にみんないてほしいので、過去からの流れを全てシェアしています。歴史を知ると、当事者意識も生まれ、独自の組織文化へとつながります」
>アイデアが抜擢された若手が実践を通して種を芽にできない場合でも、役員はメンター指導をはじめ、全力で支援する。そこで若手は新規事業のつくり方を実践を通して学んでいく。 組織が若返る肝である この点をYもKも全然わかっていない 全然だ 誰かが、現場が、考えてくれるだろう、 それを待つだけ、現場への権限移譲 自分で考えたわけでもないのに、 指揮振っただけで ばかじゃないの。 こんな経営していれば、もう組織は腐ったも同然である。 あぁ早く、こんな会社から抜け出したいのもである。 関心度★★★☆☆ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2