【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【驚愕の”管理”に注目の管理会計の記事である②】管理会計がビジネスに不可欠な理由【関心度★★★★★】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 管理会計がビジネスに不可欠な理由 評価軸を明確化するメリットを享受せよ ソース元である、東洋経済ONLINEさんの記事へリンク↓ http://toyokeizai.net/articles/-/14654
戦略的会計も管理会計もMFクラウド会計で!!
さっきの続きです。んで、戦略的会計からの管理会計の話。 その前に、制度会計についてコメント 本当はこの記事自体も 「戦略的会計が企業を伸ばす」について http://www.kanekokaikei.jp/management/144/ こちらのリンク先をもとに書きたいのであるが、一応ソース元はそれにしておくのである。 んで、制度会計
管理会計を実践するうえで求められる経営者像や経理部門のやるべき役割については、まず経理部門は制度会計の決算書をつくる「作業」しかない部門から経営に役立つ情報を提供する経営参謀の役割を担い、単に情報を作るだけの作業は極力へらし、付加価値をもたらす仕組みづくりや情報分析などに力を注ぐことであります。
「戦略的会計が企業を伸ばす」についてより 制度会計は、仕事ではなく作業なのである。 ここは大注目な点である。 簿記さえ、ちょろっと知ってれば、誰でもできる「作業」 なのである。経営者は経理の見方を変えるべきである。だって、たいていの経理がやってることは仕事ではなく作業なんだから、さして大した事やってないのである。んで、経理の決裁がおりないから、どうのこうのは 経営判断をとても遅らす。 ダメな典型である。 いい経理とは、
会計で知識に相当するのは会計制度とその周辺情報であり、管理会計は考える部分に相当し、そこに人間的なアプローチや切り口が求められる。
「戦略的会計が企業を伸ばす」についてより ”考える”経理である。 んで、管理会計である。
市場や競合の状況もあるので、シミュレーションは複雑になりますが、このように各要素の関係性を数字で明らかにしながら、効率的で論理的な意思決定の支援をするのが管理会計の役割のひとつです
企業全体が目指すべき方向にベクトルを合せた評価軸を採用する必要がある。その評価軸を、数値を用いることによって明確化していくのが管理会計の1つのテーマ
以上、一番上の東洋経済の記事から引用である。 つまり端的に言えば、管理会計とは将来の仮説を立て、シミュレーションすることなのである。 単なる記帳は答えのある誰でもできる”作業”であり、答えのない将来についての仮説・データ・根拠を経営者に伝えるのが今後の経理の役目なのである。 おい、聞いてますか、うちの経理、である。 こうつんへ、いち早く、この状況を打破するために MFクラウド会計の導入を切に願うのである。 ※記事の一部に不適切な発言がありましたので削除・訂正を行いました(3/12 8:29) 関心度★★★★★ ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2