【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【古臭い会社ほどブランドを再構築する必要がある】社員育成も採用もブランド力でうまくいく【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 社員育成も採用もブランド力でうまくいく イメージ一新、中小企業ブランドづくりの成功事例 前編 ソース元である、日経ビジネスONLINEさんの記事へリンク↓ http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/277181/030400002/?P=1 中小零細企業ブランディングは大事である。 が、 どうしたら、まとまった、ブランディングができるのかがわからないから 中小零細企業ブランディングはうまくいかないのである。 この記事は、たまたま筆者(若干うさん臭いぞ)のコンサルによりうまくいった事例が紹介されているので 気になった方は上記リンク先を見るのがいいのである。 たいつんが、どうして、この記事に★4つも付けたかというと たいつんの会社のブランディングがうまくいってない(爆) から、である。 藁にもすがる思いで、会社のブランディングとは何か勉強中なので、どんな些細なニュースでも敏感になるのである。 何分、公共性が高いほど、会社のブランドの確立は難しい。たいてい平凡に終わる。 だから、こうつんが頑張ってもそれがなかなか形にならないのである。 社員の貪欲さが皆無である。 こういう場合のブランディングは難しい。たいてい指揮ふっても、指揮がからぶって、うまくいかない というか、うまくいってないから、言える。 それを打開するには、ある程度組織を組み替えて、新しい組織にしてみるといいのである。 たいつんのところも4月から新しい風が加わる(戻ってくる)のである。 これで、組織のいい意味での化学反応が出れば、会社のブランドも徐々に消費者に向けてPRできるのではないだろうか。 と、たいつんは勝手に思っている。 関心度★★★★☆ 業界最安値!!49800円でLINEスタンプが作れる!! ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2