【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【日本でも住宅が資産になる時がくるか】中古住宅、ベンチャーのリノベーション続々 IT浸透で個性【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 中古住宅、ベンチャーのリノベーション続々 IT浸透で個性 ソース元である、日経新聞さんの記事へリンク↓ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO98090970V00C16A3TJE000/
欧米では中古住宅が住宅流通の8割前後を占める。日本ではまだ2割に満たない。住宅の改装も地域ごとに地場の工務店などが手がけるのが一般的だったが、ネットの普及やITの進化で市場は変わりつつある。
先日、【家は新築一戸建てが基本の日本とそうでないドイツ】Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う?【関心度★★★☆☆】 という記事を書いたばかりのタイミングで日経が出した記事である。 日本の住宅市場はスクラップアンドビルドであることは先日の記事で書いた通り、 >住宅ストック数は2008年時点ですでに総世帯数より15%多く、空き家も13年で820万戸と全体の13.5%に達>する。このため国も中古住宅の流通活性化を支援(具体的なことは書かれていない)、2025年には流通市場>を2013年の2倍の8兆円、リフォーム、リノベーション関連の市場を同7割増の12兆円に伸ばす目標を掲げて>いる 以上、新聞からの補足 フローばかりに頼っていた(そのほうが儲かっている)今の日本の現状が おかしい 完全無料!!リフォーム見積もり! のであって、 今ある、ストックの資産価値を高める リフォーム一括見積り【リショップナビ】 方向性にいくのが、今後のトレンドである(あっ素人が言い切ってやがるw)
ツクルバ(東京・渋谷、村上浩輝最高経営責任者)は15年6月、リノベーション住宅に特化した売買サイトを開いた。一般的な不動産サイトは築年数で評価することが多く、リノベーション物件の情報は埋もれてしまうからだ。毎月、掲載する物件の7~15%が成約につながるという。
築年数で年数がたてば資産価値がさがるという「消費財」の性質から リノベーションで資産価値があがるという「資産」としての住宅 に変わっていってる兆候である。 国や行政はもっと明確な中古住宅への支援(たいつんが知らないだけかもしれないけど)を打ち出すべきだ。 と、たいつんは素人ながら思うのである。 関心度★★★★☆ 魅力的なリフォーム事例を多数公開中【リショップナビ】でお見積り ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2