【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【減税日本って食ってけるのか??】名古屋市議報酬、年800万円→年1455万円に増額案【関心度★★★☆☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! 名古屋市議報酬、年800万円→年1455万円に増額案 ソース元である、朝日新聞さんの記事へリンク↓ http://digital.asahi.com/articles/ASJ353RKTJ35OIPE005.html?rm=554
別に月50万円の政務活動費があるが、多い時は一晩で2~3カ所、計3万~5万円になる会合費には使わない。使い道は会派としての活動に限られるからだ。「市民の声を聴く窓口」と重視する事務所やスタッフにかかる費用も、選挙活動などにも使えるため全額に政活費をあてられず、月10万円以上は足が出る。  慶弔費を減らし、安いスーツを着るようになった。頼りの寄付金は市議選があった昨年は約120万円、ふだんは半分以下だという。「寄付金集めに懸命になり、議員の仕事が果たせなくならないか。金持ちしか議員になれなくなる」
民間と比べるとどうか。名古屋国税局管内の東海4県では、従業員1人以上の事業所で2014年分の平均給与は524万円だ。厚生労働省の15年の賃金構造基本統計調査(賃金センサス)からの推計では、部長級1069万円、課長級873万円となる。  河村市長が初当選の09年以来掲げる「市民並み給与800万円」は、厚労省賃金センサスの「60歳、大学卒の管理職」をふまえたという。「議員は市民の代表で市民と同質性がある。市民と同じ給与で頑張り、(選挙などの)政治活動は寄付でやっていくべきだ」と主張している。
たいつんね、政治とかってボランティア精神が一番大事だと思っているから なんともいえないんだけど、 自分とこの生活のやりくりができないから、市民の声が反映されないとなると 本末転倒な感じもする。 そもそも、そんな生活感ださないで、やってよと言いたいよ。 んで、結局、その市議さんが 市民のために具体的に何やってくれんの で、その人の報酬なり決めればいいじゃんと、完全に勝手な意見で言ってるわけである。 完全歩合制である。なんちゃって。 関心度★★★☆☆ 【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題! ↓↓↓各種ブログランキング参加中です!!ぜひ、貴殿の清き1票をお願いします!!↓↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ   みなさんに拍手いただけると励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2