【超ニュース批評】たいつんの気になるニュースの取り上げ方【注目】

たいつんが気になるニュースを取り上げて、たいつんなりの見解を述べるブログです! ニュースの関心度を記事の最後に星5点満点でつけています。 扱うテーマは、猫・カピバラさんなどのかわいいものから、ガジェット系の新商品、 スマホなどのネット系、お金・株・経営系のものまで幅広くカバーしています。

【トヨタがカンパニー制】トヨタ、7カンパニー体制に 来月移行、製品軸に効率化【関心度★★★★☆】

どうもみなさん、おはこんばんにちは! たいつんです! 今回取り上げる気になる情報はこれだ! トヨタ、7カンパニー体制に 来月移行、製品軸に効率化 ソース元である、SankeiBizさんの記事へリンク↓ http://www.sankeibiz.jp/business/news/160303/bsa1603030500003-n1.htm
新体制では「小型車」「中型車」「商用車」「レクサス(高級車)」に加え、燃料電池車などを担当する「先進技術開発」など合わせて7つのカンパニーを設置。それぞれのプレジデントに権限を委ねる。
全体を統括するヘッドオフィスには、経営企画などの組織を集約して「コーポレート戦略部」を新設。外部の研究機関や企業と協力し、将来に向けた技術や事業を検討する「未来創生センター」も新設する。
あわせて読みたい記事↓ トヨタも導入?社内カンパニー制は本当に優れた制度なのか https://zuuonline.com/archives/95655 たいつんがこのカンパニー制で危惧している点は >一方で、会社法金融商品取引法に従い取締役会を運営したり決算を行ったりするわけではないため、権限や責任があいまいになる危険性がある。 >本社機構の求心力が弱まると、事故や不正行為に関する情報がカンパニー内で隠蔽されたり、全社の英知を集めた新規事業開発が進めにくくなったりするケースもみられる。 ここである。 たいつんはわりにカンパニー制に関して若干悲観的である。 なぜか、 あくまで疑似 であることが、しっくりこない、 トヨタ程の会社であれば内部統制はしかりしているし、統制も取れるのだろうという目論見で カンパニー制の導入に踏み切ったのであろうが、 そうでない場合は、逆にカンパニーごとにでてくる数字、公表値が正しいのか、正確性が疑問になるわけ。 重要な経営判断の足かせになるのではないか とも思っている。 いずれにせよ、トヨタカンパニー制のやり方に、かなり たいつんは注目している。 7つのカンパニーの数字がどのようにトヨタから公表される仕組みになるのだろうか。 関心度★★★★☆ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ みなさんに拍手いただけるとたいつんの励みになります。
↓↓↓ぜひ「ポチっ」とお願いいたしますm(_ _)m↓↓↓
web拍手 by FC2